シライサン映画情報まとめ!-その名前を知ると呪われる-

2020年1月10日公開のホラー映画『シライサン』。

 

「その名前を知ると、呪われる。」

「目をそらしたら、死ぬ。」

 

令和突入2年目となる2020年注目のホラー映画。

そのトップバッターとなるのは、安達寛高監督作品の『シライサン』。

主演は飯豊まりえ。

日本がジャパニーズホラーの宝「貞子」と「伽椰子」と同じ雰囲気を感じる本作。

いったいどんな映画なのでしょうか?

 

シライサンのあらすじ

鈴の音が鳴り響くとき、眼の異様に大きな女が近づいてきて、”女の名”を知っている者を次々と襲う。

 

標的となるのは、その名についての怪談話を聞き、知ってしまった者たちだった。

最初はだれもがただのイタズラの怪談話にすぎないと思っていた。

しかし”シライサン”はその話を聞いた人間の、命を奪う機会を狙っている―――!

 

今作の主要な登場人物は女子大生瑞紀(役:飯豊まりえ)と青年春男(役:稲葉友)の2人。

親友を目の前で無くしてしまった瑞紀。

そして弟を失ってしまった春男。

2人の死に共通するものは

 

  • 遺体の眼球が破裂してあった
  • 死因は心臓麻痺
  • 死の直前何かに怯えていた
  • この世のものではない何かにとりつかれたような様子だった

 

ということ。

 

この普通とは思えない死に方に違和感を持った2人は、ともに死の真相を探っていくことになる。

事件の真相を追い求めているうちに”シライサン”という存在の名にたどり着く。

「その名前を知ると呪われ、目をそらしたら死ぬ」

シライサンの呪いを解くために、彼らの奔走が始まる。

 

映画監督・安達寛高と株式会社松茸が送る、注目の映画作品『シライサン』は名作『リング』や『呪怨』のベンチマークとなるか!?

 

シライサン都市伝説

シライサンの都市伝説
  • 異様に大きな目をした女
  • ”シライサン”という名前を知ると呪われてしまう
  • 視線を逸らすと殺されてしまう
  • 見ている間は殺されることはない

 

以上が明らかになっているシライサンの都市伝説。

公開されている映像からは、貞子や伽椰子を思い起こさせる出で立ち。

鈴の音とともにやってきて、白装束に身を包んだ黒色で長い髪の女。

 

呪いのビデオを見るわけでもなく、死神のノートに名前を書くわけでもない。

名前を知ったら呪われてしまうという、新しい伝染ホラー。

 

シライサンゲーム

公式サイトで公開されてから、SNS上で話題となっているシライサンゲーム。

スワイプ操作で迫りくるシライサンから目を逸らさないようにするというおもしろゲームです。

パソコンではできないようですが、お手元のスマホを使うことで気軽に楽しめます。

映画本編でシライサンの作る恐怖に飲み込まれないように、ちょっと遊んでみてもいいかもしれません。

ゲームは公式サイトの方から入ってプレーすることが可能です。

またゲームのスコアでRANK【S】以上を出すと、シライサンオリジナルグッズももらえるのだそうな。。。

 

簡単なレビューもまとめておきました。

(シライサンゲームURL)

 

シラビサン

(出典:映画「シラビサン」オフィシャルサイトより)

こわ~い映画のコワカワイイキャラクターシラビサ

シライサンから目を離すと呪い殺されてしまいますが、逆に言えば目を逸らさなければ死なないということ!

映画公開前に合わせて作られたかわいいキャラクターシラビサから目を離さないようにしておけば大丈夫。

 

作者はLineスタンプクリエイターのwakuta氏。

シラビサの公式Twitterがあるので、興味ある人はフォローしておきましょう。

またLineスタンプも出ているので、好きな人は購入してみてもいいかもしれませんね。

映画「シラビサ」オフィシャルサイト

 

シライサンイヤホン360

劇場で映画『シライサン』を数段楽しく見るための秘密道具(?)イヤホン360というのが世に出てきました。

 

アバターが上映されたころから一気に普及した3Dメガネを思い起こさせる代物。

専用アプリを起動した状態で、イヤホンを耳に着けたまま映画を鑑賞。

・・・すると映画のフィルム内には記録されていない音を楽しむことができるのです。

 

映画館のスピーカーから発せられる音のみならず、劇場に足を運んだ人だけが体感できる特別なサービスです。

このイヤホン360という取り組みは日本で『シライサン』が初めてです。

 

シライサン原作

乙一さんの小説「シライサン」が原作となっております。

続きの展開にグイグイ引き込むようなミステリー作品を書くこともあれば、心温まるハートフルな物語を書くこともあれば、顔が青ざめるようなホラー作品を書くこともある、多彩なジャンルの小説を手が買える作家です。

 

そしてこの乙一さんという方は根っからのクリエーターで、作家としてのみならず映画監督としても活動しています。

オフィシャルサイトにも乗っていますが、今回の映画『シライサン』の原作者でもあると同時に、実写映画の監督でもあるのです。

つまり映画『シライサン』監督・安達寛高=原作者・乙一さんなのです。

(出典:ダ・ヴィンチニュース)

僕は最初同一人物だと全く知らなかったので、少しびっくりしました。

 

シライサンに登場するキャスト

シライサンの登場人物役に選ばれたキャストの方々の紹介です。

主人公の瑞紀(みずき)と春男(はるお)を演じるのは、飯豊まりえさんと稲葉友さんの2人。

 

飯豊まりえ(瑞紀 役)

(出典:映画.com

1998年1月5日生まれ

NHK朝ドラ「まれ」や映画「劇場版シティーハンター」で進藤亜衣役などを務める。

土曜日朝に放送されるバラエティ番組「にじいろジーン」のレギュラー。

本当にあった怖い話や世にも奇妙な物語でもホラー作品に出演した実績はありますが、自信が主演のホラー映画は『シライサン』が初めとなります。

稲葉友(春男 役)

(出典:映画.com)

1993年1月12日生まれ

ラジオパーソナリティも務める俳優稲葉友さん。

「クローンベイビー」で俳優デビューしたのち、「仮面ライダードライブ」や「High&LOW」のドラマと映画にも出演する実力者。

『シライサン』では春男役として、呪いの解明のために東奔西走します。

 

(キャストの詳しい説明URL)

 

シライサンまとめのまとめ

シライサンについて色々調べてみたところ、制作側のいろいろな取り組みを見てもかなりの熱の入りようなのがうかがわれます。

ホラー映画1つでこれだけお祭り騒ぎに仕立て上げるのも、ジャパニーズホラーのいいところだと思います。

 

平成最強のホラー映画は鈴木光司の『リング』に間違いありませんが、令和はどうでしょう?

令和2年の年明け早々、ホラー界になお残すほどの良作となるでしょうか?

劇場に足を運んで見ましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です