【パラサイト半地下の家族】娘ギジョン役を演じるパクソダムがかわいいぞ

パラサイト半地下の家族でソン・ガンホ演じるギテクの娘ギジョンを演じるパク・ソダム

映画を見てたった2時間の間に

「だ、だ、誰なんだ?この超かわいい子は!?」

と思ったので!

女優パク・ソダムについての情報をまとめてみました。

 

男性諸君。

きっと映画を見たらハートを射抜かれるぜ。

 

ギジョンの人物紹介

半地下に暮らす貧乏なキム・ギテク一家の娘ギジョン。

画像編集や絵など美術の才能に優れ、兄ギウの大学在学証明の偽造所を本物そっくりに作ってしまうことができる。

ただしお金がないために予備校に通えず、美大には不合格の浪人生。

女だてらに口が悪く、悪知恵もある。

ただし人としての礼節もある程度心得ている様子。

頭の回転が速く、巧みな嘘と話術で金持ち一家に寄生工作を仕掛けていく姿は見ていて爽快。

スモーカーで、店員に注意されても堂々とネットカフェ内でタバコを吸い続けるなどワイルドな一面を持つ。

ギウの紹介によって、身分をシカゴからの留学帰りのジェシカと偽り、金持ち一家パク家の息子ダソンの絵の指導の家庭教師の仕事に就く。

 

作中で歌ってた歌

ちなみにネット上で話題になっている、ギジョンがインターホン前で唄う歌がこちら。

韓国国内でめっちゃ流行っているみたいです。

Jessica Jingle(ジェシカ・ソング)

 

「この歌が頭から離れない」

「生まれてくる娘の名前をジェシカにしてしまいそう」

「アカデミー賞の主題歌賞を受賞するべき」

みたいな声も上がっているのだとか。

 

もちろん韓国語なので何言ってるかさっぱり分からないのですが、たった10秒ほどのインターホンを押すシーンが妙に頭の中には入りこんできて離れません。

 

パク・ソダムの人物紹介

 

プロフィール
  • 生年月日:1991年9月8日
  • 職業:女優
  • 身長:165cm
  • 星座:乙女座

 

ギジョンを演じた韓国の女優パク・ソダム。

いやぁ~かわいい。

大人びて見えると同時に、K-POPアイドルには無いあどけなさも持ち合わせています。

いやぁ~美人。

 

また韓国の女優さんやアイドルと聞くと、よく同時に「整形」というキーワードがの脳裏に浮かぶもの。

パク・ソダムに関しては、整形を一切していないのです。

女優の道に入って間もないころから、先輩に「整形はしないほうがいい。そのままの方がいい。」と言われてきたそうです。

整形が悪とは思いませんが、巣の姿のまま成り上がってきた彼女の姿勢は素晴らしいです。

今や韓国国内でもたくさんのドラマや映画に出演している売れっ子の若手女優です。

 

映画撮影終了後のインタビューで

1人だったらプレッシャーが大きかったはず。映画のチームと一緒だったので余裕があったし、楽しめた。いつまた来られるか分からない場所なので、なるべく隅々まで見ておこうと心がけていた。カンヌでの時間はとても大切で、楽しかった。たくさんの方が応援してくれていることを知って、もっと頑張ろうと思った。早くまた良い作品に出演したい。

と語っております。

 

ちなみにこちらはパク・ソダムのインスタグラムになります。

パク・ソダムの公式インスタグラム

(ハリウッドの女優のインスタなど、ある日突然全消しとかあるので、早めに見ておいた方がいいかも)

 

剛力彩芽とそっくり?

話題となったのがこの髪型のときですね。

出典:https://post.naver.com/viewer/postView.nhn?volumeNo=4466745&memberNo=6106091

 

・・・ふむ。

確かに髪型は剛力彩芽だわ(笑)

雰囲気も似てないこともないです。

 

おまけにルックスや年代も近いです。

 

剛力さんのプロフィール

  • 生年月日: 1992年8月27日 (年齢 27歳)
  • 身長:162 cm
  • 職業: 女優・タレント・ファッションモデル・歌手

 

とのことから確かに共通点は多いです。

(剛力さんの方が見た目的に年上かと思った)

 

韓国国内ではどちらかというと、韓国の女優キム・ゴウンと似てると言われているようですけどね。

 

まぁでも僕の中ではパク・ソダムの髪型はロングヘア―という印象がパラサイトを見てついてしまっています。

ショートヘアもかわいいですが、ロングヘア―の方が好みです。

いやー、付き合いたい(笑)

 

パク・ソダムの出演作品

 

韓流ドラマ

・『ビューティフル・マインド』(2016)

パク・ソダム演じる女性警官ジンソクと人の心が分からない天才外科医ヨンオが愛を知っていクラブストーリー。

・『シンデレラと四人の騎士<ナイト>』(2016)

テコンドーの達人ながらも貧乏なハウォン(パク・ソダム)が、4人のイケメンと同居生活を送ることに!?

 

映画

・『プリースト 悪魔を葬る者』(2016)

悪魔にとりつかれてしまった少女を救うため、危険な悪魔祓いに挑む2人の神父の話。韓国版エクソシスト。

・『プロミス 表情の女神たち』(2018)

脱北者であるアイスホッケーの元エース選手ジウォン。北朝鮮には残してきた妹のジヘが。姉妹のシーンは号泣必須。南北国際問題を取り扱ったスポーツ映画。

 

 

この辺の作品については、後日視聴してレビュー記事を書いてみようかなと思っております。

記事のまとめ

パラサイト半地下の家族では、若き韓国のスター女優パク・ソダムがすんごい演技を見せてくれます。

巧みな話術をぺらぺらとあやつり、金持ち一家に取り入っていきます。

作中ではちょっぴりお色気要素のあるシーンもあります(笑)

ホントにいいキャラを演じてくれます!

今回パラサイト1作見ただけで、全く興味のない韓流ドラマにも興味を持ってしまいました。

たぶん遠くないうちに見ます。

そして見たらレビュー記事を挙げると思ふ・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です