海底47mの感想―大どんでん返しでスッキリしないラスト

先日観た『海底47m』の映画の感想を書いてみました。

映画のコンセプトはおもしろいなぁと思うのと同時に、映画の落ちは全然スカッとしませんでした。

 

ネタバレになってしまうのですが、書きます。

ラストのネタバレ
  • 妹のケイトがケージから外に出たところをサメに襲われる
  • 重傷を負いながらも生きており、姉のリサと一緒に海面浮上を試みる
  • 途中サメに海の中に引きずり込まれてケガを負いながらも、船に引き上げられる
  • あぁハッピーエンドか!良かった!
  • ・・・と思わせておいて、ラストのシーンはすべてリサの幻覚だった

 

「えぇえええええ!マジか!!」

と思いました。

 

犠牲を払いながらも、困難を潜り抜けてサメから生き残って最後はスカッとするのは、この種の映画の醍醐味ではないのか?

という僕の想いを大きく裏切るような映画でした。

 

恐怖の演出の仕方

映画を見ている人に対して

「サメが寄ってくるかも」

という恐怖を感じさせる方法として、水中での流血の表現が上手だなと思いました。

  • 映画冒頭のプール内に赤いカクテルをこぼすシーン
  • 戦場から魚のアラをばらまくシーン

 

サメは血の匂いに反応してやってくるというのは、この種の映画の常識。

 

 

海底に落下した時に2人はケガをして血を流したりもするので、サメが来るかも・・・と恐怖を暗示させる表現は上手です。

 

 

ただ主戦場が海底ということもあって、ジョーズで見られるようなサメの背びれが近づいてきて襲い掛かってくるというような、恐怖の表現は見られませんでした。

むしろサメの怖さよりも、深海の不気味さの方が怖いかもしれません。

  • 暗い
  • 助けを呼べない
  • 無線も届かない
  • 残り少ないエア残量
  • 潜水病のリスク

といった具合に、普通の人間ではパニック障害を起こしそうなシチュエーションです。

無人島に取り残されるなんてレベルではありません。

 

主人公リサに感情移入できなかった

ラプンツェルの声優役を務めたハリウッド女優マンディ・ムーア演じるリサ。

映画内では臆病で真面目なキャラクターとして描かれており、ダイビングの経験値も浅い模様。

遊園地でジェットコースターに乗ろうとすると、次で順番が来るというときにやっぱり乗らないというようなタイプのキャラクターです。

 

当然サビだらけで古くなったケージに入ってシャークウォッチングをする際にも、なかなか渋って行動しようとしません。

彼氏にフラれた悲しみをグチっていたり、まだ未練たらたらな様子を見せていたので、個人的にあんまり好きな性格の女性ではありません。

 

「海に入るなんて怖いわ・・・」とごねているシーンを見て僕は

「はよ入れや(怒)」

と思いながら観ていました。

 

『ロストバケーション』に登場するブレイクライヴリー演じるナンシーは応援したくなるキャラクターだったんですが。。。

 

 

リサとケイトの入ったケージと船を繋ぐワイヤーが切れて海底47mに落下したときもそうです。

ケイトの方は一貫して冷静な態度だったのですが、リサはビックリ仰天してヒステリーを起こす始末。

もし実際に自分が海底に落っこちてしまったらと思うと無理もありませんが、観ている人をイラつかせるいいキャラクターをしています。

 

しかし物語中盤では、勇気ある行動も見せてくれます。

海面にいる船に連絡を取るため、サメの泳ぐ海を一人ケージから出て勇敢に泳ぐのです。

普通ならできない度胸のある行動です。

サメに途中襲われながらも、岩陰に身を隠しながら最後まで生き残ります。

 

あんなに長時間潜水できるのか?

ライセンスも持っていない人があんなに長時間潜水できるものなのか?

 

まぁフィクションなんだし、そこらへんは多少盛って作ってるんだろうな・・・と思って鑑賞したのであまり気にはしていませんでした。

 

実際に海でダイビングをやっている人の口コミなど見てみると、やはり現実ではあり得ないのだそうです。

 

約50mと言えど、人間があんな深いところに潜ると鼓膜が破れてしまう危険性もあります。

そもそも映画内で落下した主人公2人は耳まで覆うタイプのマスクを着けていません。

現実なら海底で会話することは不可能でしょう。

まともに音は聞こえないはずです。

 

水温は海面5mと海底50mくらいでは3~4℃ほどの差しかないと言っても、またエアタンクの残量というのも水圧によって量は変動します。

あの水深ではおそらく15分ももたないそうなので、あれほど長時間救助が来るのを待ち続けられるのも映画の中だけということだそうです。

 

とはいえ、サメのいない安全な海でスキューバ―ダイビングしてみたいなーなんて思ったりもしました。

・・・サメのいない場所で。。。

 

最後のバッドエンド

そしてこの映画の最後の落ちはもはやバッドエンドというほかないように思えます。

 

リサは一応助かります。

けれど助かり方がなんともスッキリしないのです。

 

サメに食べられたと思ったケイトが生きていた。

ケガをしている。

一刻も早く船に戻らないと。

危険だけど浮上するしかない。

浮上成功!

やった!助かったわ!生きてた!

・・・でハッピーエンドかと思わせておいて、

実は潜水病にかかったリサの妄想だったという落ち。

ケイトが生きていたというのも、彼女の頭の中の妄想でしかなかったわけです。

 

映画のラストでリサは幻覚を見たままの状態で、沿岸警備隊に護衛されたまま帰還します。

しかもお天道様輝く海の上に出るシーンを描くことなくエンドロールが流れます。

 

何ともスッキリとしない。。。

これをバッドエンドと言わずして何というのでしょうか?

 

海底47mの感想まとめ

以上がこの作品の感想となります。

ケージ落下という事故の原因は間違いなく船長にあるでしょう。

後日談は描かれていませんが、タダでは済んでいないことでしょう。

もっと新しいて頑強な作りのケージやクレーンを準備していればこんなことにはならなかったでしょう。

現実で起こると大問題です。

リサも個人的にはあまり好きなキャラではありませんが、可愛そうと言えば可哀そうな落ちでした。

 

とは言えこの作品、一見の価値はあります。

過度な期待をしないようにして見ると、そこそこ楽しめます。

 

もともと一般公開する予定の映画ではなく、ビデオオンデマンド限定の作品だったから、このようなバッドエンドな展開で占められいるのだと思います。

劇場公開を視野に入れて作っていれば、もっと脚本も違ったものになっていたでしょう。

逆に言えば、この内容で興行収入500万ドルを叩きだすくらいの内容だということです。

 

興味のある人は、ぜひ一度自宅でゆっくりご覧になってください。

映画『海底47m』公式サイト→https://gaga.ne.jp/47m/

 

こちらの記事もCheck!

海底47mあらすじレビュー(ネタバレあり)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です